風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

JPOP-2

たいした雨でもないのに関越道は練馬から鶴ヶ島JCTまで50kmの速度制限。雨の金曜の午後にもかかわらずクルマの量は少ない。昨年の11月に速度違反で覆面パトカーに捕まって以来、速度制限はほぼ遵守という安全運転を心掛けているが、70-80km/時で走っていても全車両に抜かれる。20kmオーバーで捕まえるなら、40-50kmオーバーのクルマを捕まえるよう110番に電話しろと助手席の妻に言うも笑って相手にしてもらえず。

Nack5の電波が弱くなったので、SDオーディオへ。妻の選択はJPOP-2。新しいCDをいくつか入れたのでお互い久しぶりに聴く。昔、同じ歌手の歌だと飽きるので、70年代の邦楽、洋楽はアンソロジーのCDを作った。まず選曲リストを作り、ツタヤで大量のCDをレンタルし、曲をピックアップし、それらをまとめてCDに書き込むという、結構膨大な作業。JPOP-2は73年から80年までの好きな曲を集めたもの。夕闇せまる雨と霧の高速を走るには涙が出るほどぴったり。あっという間に水上ICに着いてしまった。

参考までに収録曲は下記の通り。発売順になっているので時代の移り変わりもわかる。標準的選曲とは思うが、けっこう偏っているかな。

心の旅        チューリップ
さよなら        NSP
僕の贈りもの オフコース
水曜日の午後 オフコース
灰色の瞳        加藤登紀子
青春の影        チューリップ
夕暮れ時はさみしそう NSP
時代        中島みゆき
なごり雪        イルカ
木綿のハンカチーフ 太田裕美
わかって下さい 因幡晃
雨の物語        イルカ
わかれうた        中島みゆき
マイピュアレディ 尾崎亜美
秋の気配        オフコース
この空を飛べたら 加藤登紀子
オリビアを聴きながら 尾崎亜美
虹とスニーカーの頃 チューリップ
YesNo        オフコース
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック