fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

解体キングダム・佐内坂編

月曜日、市ヶ谷の発行所に行くと近くのビルで階上解体による解体工事が始まっていた。階上解体は高層ビルやビルが密集している場所に適した解体方法で、大型クレーンで重機を屋上に持ち上げ、上から下に向かって解体していく方法、比較的ポピュラーな解体方法として多くの現場で用いられている。
20230821-1 (2)

昨年の夏から発行所のマンションの隣のビルでも階上解体による解体工事が始まり、7月に全作業が終了した。階上解体作業の進捗状況を間近でかつ上から見下ろせることは珍しいので、時々スマホで写真を撮っていたのでこの機にまとめておく。最初の画像が2022年9月27日に撮った階上解体の教科書にあるみたいな解体現場。なぜかパワーショベルが2台4階か5階にいる。
20220927-2 (2)

その日の佐内坂。左側の白いフェンスと高い防護壁が解体現場。今思うに、以前何があったのか全く記憶から消去されている。
20220927-5 (2)

というので、在りし日の姿をグーグルマップから拝借。
GM4.png

向かって左側から。
GM1.png

「正統邦楽会館」とあるが、今日初めてそんな建物だったんだと認識した。
GM2.png

右半分は現存の建物。
GM3.png

10月11日の「正統邦楽会館」解体の様子。道路側の壁を残して一階まで解体終了。
20221011-1 (2)

続いて隣のビルの解体に着手。こちらは大型パワーショベルでの豪快な解体。
20221011-3 (2)

20221019-2 (2)

10月下旬には右手の民家の解体に着手。
20221025-1 (2)

11月からは解体廃棄物の処理等地味な作業が続く。
20221110-1 (2)

20221110-2 (2)

今年の3月には二つのビルは跡形もなくなった。
20230315-1 (2)

4月には「正統邦楽会館」の隣のビルの地下室部分の解体。作業はとっても地味だけど手間がかかりそう。
20230411-1 (2)

地下室部分を土で埋める。
20230509-2 (2)

6月にくい打ち作業。
20230622-1 (2)

2023年7月、ついに解体ミッションコンプリート。めでたしめでたし。
20230724-1 (2)

8階の発行所の部屋の前の通路から見た現場、方向は方向はほぼ真東、靖国神社もしくは日本武道館方面。
20230724-2 (2)
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック