fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

メガバンクの搾取体質の実態

昨日家に帰って夕刊に目を通すと、まさに目を疑うような記事があった。最初は記者の誤記かと思い、誤記だとすれば新聞記者の資質を思い切りバカにしたほどだった。記事の見出しが凄い。

三井住友銀、ドル定期預金の金利上げ 年0.01→5.3%に

言い換えればこの銀行、支払利息を530倍に増やすというのだ。20%や30%ではなく、パーセントで書くと53,000%。これが誤記と思った理由であり、こんな非常識なことを平然と書く記者の資質を疑った次第。
9月19日日経新聞夕刊 20230919ドル金利爆上げ?

しかし記事は平然と何事も無かったように淡々と書き進められている。

・三井住友銀行は25日から米ドル建て定期預金の金利を現在の年0.01%から5.3%に引き上げる。引き上げは5年ぶりで、2022年3月から始まった米利上げに伴う市場金利の上昇を反映する。他の大手行も追随する可能性がある。

・6カ月物、1年物の定期預金が対象。三井住友銀はグループのSMBC信託銀行と合算で現在約2兆円のドル建て預金残高を25年度までに倍増させる計画だ。

・(中略)三井住友銀は新型コロナウイルス禍に伴う米欧中央銀行の利下げなどに伴い、20年春にそれまでの年0.1%から0.01%にドル建て預金の金利を下げた。日本の3メガバンクは現在も金利を0.01%に設定している。


事実関係を確認するためPにある現行米ドルを覗くと、記事の通りで、信じられないが誤記ではなかった。下図はドル建て定期預金の金利。確かに0.01%、実際の米国金利は5%程度なので茫然自失というか言葉を失ってしまう。どういうことか?
20230920三井住友銀行外貨定期

三井住友銀グループで2兆円のドル建て預金残高があるという。他の3メガバンクは現在も金利を0.01%に設定しているそうでやはり合計で数兆円の国民の金を預かっているのだろう。銀行は預けられた外貨預金を運用する。ドル預金なのでドル建て債券等で運用していると考えてよい。5.01%で運用すれば運用益の0.1%を顧客に分配、5.0%を懐に入れる。

分かりやすく言い換えると、労働者に時給10円で働かせて5010円の利益を得、自分は5000円の収入を得るのと全く同じ。誇張でも歪曲でもなく、奴隷制度を彷彿とされる事態が日本のメガ銀行が公然と行っていたというのが実態に他ならない。

ちなみに旧シティバンク、現プレスティア三井住友信託銀行の現在のドル建て定期預金の金利は下記の通り。1カ月物では3.5%だが、6か月と1年物は5.3%の金利である。これはどこでも同じだと思っていた。この二つのHPの提示する顧客向け金利の対比はまさにメガバンクの搾取の実態をまざまざと示すものである。
20230920プレスティア外貨定期

自分の金融資産をどのように運用するかは自己の裁量の問題であって自己責任。メガバンク側は支払い金利を明確に示しているので法的に問題があるわけではない。しかし、数兆円規模の資金に対する運用利益、上記の日経記事の記述からメガバンク全体の外貨預金残高を5兆円規模と仮定すると、毎年千億円のオーダーの運用益のほとんどを自社に還元し、外貨預金をした顧客には微々たるか配分しかしてこなかったのも事実。

金融リテラシーに欠ける少なからぬ国民が犠牲になった形だが、やはりそれは顧客の自己責任。銀行員にとって顧客はいいカモ、もしくは虫けらのような存在としてしか目に映っていないのかもしれない。

参考までに、近年の米国の金利水準の推移。2020年から米国の債券並びに22年から政策金利は上昇を始めており、現在は10年国債利回りが4%を超えて16年ぶりの高水準、政策金利(右軸)は年5%を超えている。方やメガバンクの定期預金金利は0.01%のままである。さすがにこれではやりすぎとの批判が内外から起きたのか、自己反省したのか・・・。

こんな記事を書くとメガバンクから名誉棄損で訴えられるかもしれないが、事実と異なる記載は一切ないのでそうなれば法廷での論争となる。もっとも、法廷で実態があからさまになれば藪蛇になることも銀行側は承知しているのでこんなブログ記事は黙殺するだろう。
20230920米国金利推移
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック