fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

イモを食べて生き延びる未来(完成版)

一週間ほど前の夕刊と翌日の朝刊に掲載された記事。

日銀が20日発表した2023年4~6月期の資金循環統計(速報)によると、23年6月末時点の家計の金融資産は前年同期比4.6%増の2115兆円だった。過去最高を大幅に更新し、初めて2100兆円を超えた。
20230921資金循環統計

夕刊を取らない人も多いだろうから朝刊でも取り上げたのだろうが、記事の中身に実がなく、小学生が書きそうな視野の狭い解説文だけ。家計の金融資産が2000兆円を超えたのは今に始まったことではなく、2021年には大台に達している。家計の金融資産はリーマンショックのあった15年前の2008年の1549兆円を底に、以降ほぼ毎年漸増している。ゆえに今年の第二四半期の速報値に大きな(中くらいでも)意味がないことは容易に推測されるだろう。

下図は日銀の公表した文書の資料の一つで、2004年からの家計の金融資産の推移を示したもの。資産の内訳も示されており、家計の金融資産の大半は「現金・預貯金」、次の要素が「保険・年金・定型保証」、そして「株式」である。子供を除く日本の人口を約1億人とすると、一人当たり単純平均で約2000万円の金融資産を所有していることになるが、多額の資産を保有している人たちの影響が大きく、メディアンすなわち中央値は千数百万円というところだろう。

いずれにしろ、全体で金融資産が増加を続けているのだからご同慶の限り。
20230921家計の金融資産推移

すると同日の夜、ブルームバーグにこんな記事が掲載されていた。日経新聞は完黙のスルーだったが、「円の実力レートが53年ぶり低水準」という見出しはなかなかインパクトが強く、今の日本の状況は、「家計の金融資産が増えてウハウハ」と言っている場合ではないことがわかる。

・国際決済銀行(BIS)が発表した8月の円の実質実効為替レートは73.19(2020年=100)で、さかのぼれる1970年以来の最低の水準となった。
・円が1ドル=360円の固定相場制だった時代と同水準で、日本の対外的な購買力の低下が鮮明になっている。
・実質実効為替レートの低下は(中略)、海外からのモノやサービスの購入コスト増を意味する。
・円安が続く背景には金融政策の違いだけでなく、貿易収支の赤字拡大、円買い圧力に直結しない第1次所得収支の黒字、デジタルなどを中心としたサービス収支赤字など「明らかに構造的な要素」が・・・・。

20230918購買力

そこで改めて日銀の示す家計の金融資産の推移をドルベースに変換してみる。変換は日銀の資料から各年の12月のドル円レートに拠った。結果はこちら。円ベースでは毎年順調に増加しているが、ドルベースでは15年前とほぼ同じレベル、円高のピーク時に較べると約25%減少している。国内で暮らすから円で見てればいいじゃんと思う人もいるかと思うが、日本はエネルギーや食糧等多くを輸入に頼っており、円価で増えていても喜べない。おままごとで大金持ちでも意味がないのに似ている。

円安が進めば、ドルベースの金融資産は一段と減少していく。
20230915家計金融資産ドル建て

期せずしてというか、9月中旬に日経新聞にこんな特集があった(新聞名をいちいち書くのはうっとうしいが、著作権法に触れると言われると面倒だから)。特集の名は皮肉にも「1億人の未来図」。
20230918主食はイモ本文

衝撃的なデータが農業の将来像、農家が激減しておりこのまま外挿するとおよそ30年後には8割が消滅するという。7年後の2030年でもほぼ半減。
20230918主食はイモ2

2050年の予想される姿ではコメの生産は4割減、ホウレンソウやサクランボが嫌いな人には朗報だが、国内生産は消滅するという図が味わい深い。生産量の減少だけでなく、円の購買力の低下により輸入される食糧価格や肥料等も高価になっていることだろう。まさに「貧乏人はイモを食え」状態という未来図。
20230918主食はイモ国産野菜

さすがにユデガエルの状態で30年後を迎えることはなく、以下のような状況が生まれるとは思う。
・農業法人化や農家の大型化による農地の集約→耕作面積の減少は最小化され、結果としての生産量の維持
・農地の大型化に伴う生産の効率化→生産コストは低下、供給と需要のバランス維持
・たぶん他にもありそうだがパス

一方長期にわたる円安傾向に大きな変化は期待できず、輸入に頼る食料や肥料等の高騰は避けがたいのだろう。量的に確保できないということはないだろうが、今の円安でわかるように食料価格の高騰は続く、現在は小さな始まりにすぎない。

この子たちの将来を憂いていても何の役にも立たないので、せめてソバは無理でも米ぐらいは安心して食べられるように備えてあげるのが爺さんの役目かな。
20230918イモ補足
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック