fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

時雨後快晴

水上高原GCの公式のクローズは11月下旬だが、雪が降れば即クローズ、あと何回できるかわからないのでわずかな機会をとらえてのゴルフ。冬型の気圧配置の名残で朝は時雨模様の曇り、玄関テラスの温度計は3度だった。日曜日とはいえこの時期になるとゴルフ場はがらがら、朝一番のスカイコースのインスタート。

一番ホール、寒いから冬用のゴルフウエアの上にフリースを着て、さらに少々風もあったので雨具を羽織ってのスタート。
20231022-1.jpg

インコースの最後の9番ロングホール516ヤード。まだ曇り空。
20231022-2.jpg

10時半ごろアウトコースへ。この頃から雲が消えて青空に。1番ホール。
20231022-3.jpg

お昼を過ぎると雲一つない快晴に。「快晴」というと雲一つないのは当たり前だろうと思うのは間違い、快晴とは雲量が20-0%のことなので「雲一つない」というのは正しい形容詞の使い方。アウトの7番ホールを振り返って。妻にはボールを打ったあと素振りをしてもらった。
20231022-4.jpg

最終9番ホール。山々はかなり色づきは初めている。たぶん例年通り来週が紅葉のピークになるだろう。
20231022-5.jpg

浴室の改修がほぼ終了したので、お風呂は自宅の温泉で。ゴルフ場に較べ少し標高が低いので窓からの黄葉は色づきはじめという段階。
20231022-6.jpg

穂を開き始めたススキ。
20231022-7.jpg

ダケカンバは黄葉のピークまであと少し。桜の花の命は短いとはいえ、紅葉に較べればかなり長い。多くの木々は紅葉もしくは黄葉の後にすぐ散ってしまう。
20231022-8.jpg
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック