fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

運動の秋

スポーツの秋なのか運動の秋なのか、たまたまの偶然なのか10月に運動プロモーション系の記事が重なって掲載されていた。しかもいずれも本格的な筋トレなど必要なく、ちょこっと運動すれば十分というもの。オアシスに通っているはいるものの、当然ながら熱く通うわけでもないだけに、正義の味方が突然現れたような気になったのでまとめておく。

最初の記事は長年「がん社会を診る」を連載している東京大学特任教授の中川恵一氏の記事。肝の部分はこちら。要は少々きつめの運動を1日5分足らずでいいので実行すれば、がんの発症リスクが有意に減少するらしい。禁煙、節酒、減量といった「控える系」と違い、運動は積極的にがんを予防する手段の代表だそうだ。

・シドニー大学の研究者らは「余暇に運動はしない、毎週決まった散歩もしない」と答えた成人約2万2千人を対象に、日常生活で断続的に行われる高強度の運動(VILPA、ビルパ)を運動センサにより記録し、がんの発症リスクとの関係を調査しました。

・ビルパとは「階段を1分間上る」、「早足で2分間歩く」といったもので、通勤中にも行える運動です。1日に占めるビルパの時間が長いほど、がんになる可能性が低いことが明らかになりました。その時間の短さが要注目です。

・例えば1日にまったくビルパをしなかった場合に比べて、合計3.4分間のビルパをするだけで、がんになる危険は17%減っていました。4.5分間のビルパなら20%減でした。 

10月11日夕刊 20231011ガン社会

続いてと登場した記事が「chocoZAP(ちょこざっぷ)」。街でよく見かけるし新聞広告に新規開店のお知らせが何回か入っている。2022年7月に開業してからわずか1年3カ月で会員数が83万人と日本一になったそうだ。記事でおかしかったのがSNSの引用文。同輩は少なくないようだ。

ある店舗にスターバックスの飲み物を片手に男性がふらりと入ってきた。だがランニングマシンを少しだけ使い、10分足らずで帰ってしまった。SNSではこうした行動に「最近ちょこざっぷに通い始めたんだけど、他の利用客がバイクマシンを2分だけこいでどっかに行ったり、合間にスマホで漫画を読み始めたり、みんな意志が弱そうでとても心強い」などと支持が集まる。
10月20日朝刊20231020チョコザップ

翌日には別のソースによるちょこっと運動記事、HIIT(ヒット=高強度インターバルトレーニング)というらしいが、これを実行することによりミトコンドリアが増え、細胞から若返るらしい。また脳の活性化と認識機能もあっぷするとか。具体的になすべき運動も図示されていて、スクワット‐マウンテンクライマー-ヒップリフト-ブランクプッシュアップという運動をそれぞれ20秒間やって10秒休み、これを2回、計4分で十分だという。理想は週3回とか。妻がやってみて「キツーイ、やってみな」と言われてやってみたが確かに結構きつい。
10月21日朝刊 20231021HIIT.png

最後の記事、これも中川恵一の記事。運動はがんを予防するということで、新たな大規模な調査結果がいくつか紹介されていた。また、運動によるがん予防のメカニズムは完全に解明されているわけではありませんとはあるが、いくつかのがんに関しての不完全なメカニズムも紹介されていた。

興味深い記述がこちら。
早稲田大学の研究グループの分析では、筋トレによるがん予防の効果は週30分がもっとも高く、週130分を超えるとマイナスになることが分かっています。筋トレによる総死亡抑制効果についても週40分がベストで、週140分を超えると逆効果になりました。

そして〆となる最後の一節が秀逸。
有酸素運動と同様、過剰な筋トレはマイナスになります。もっとも、「やり過ぎ」は少数派。ほとんどの人は、運動も筋トレも足りていません。
10月25日夕刊 20231025ガン社会
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック