風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

ゴルフ場と利用者の数

今日の朝刊に面白い記事が出ていたのでメモ。

引用すると(著作権法違反で逮捕されないよね)、「日本ゴルフ場事業協会によると、1997年度に1億人を超えていた利用者数は2012年度には8600万人台に減少。ゴルフ場(18ホール以上)の数もピークだった02年度の2460カ所から10年間で55カ所も減った。経済産業省のまとめでは、ゴルフ場全体の売上高は92年の1兆7261億円から、10年度は4割以上減って9888億円に。ゴルフ場従業員数も94年の20万人超から10年には約13万人となった。」。どうもゴルフも明らかな斜陽産業らしい。詳しくは下図。
201406ゴルフ場

ところで上記記事、今は2014年、なんで10年度なの?、と思って経済産業省HPにあたると、数字が一桁少ない。なんで???(経済産業省の統計出典をメモ:特定サービス産業動態統計調査、19表 ゴルフ場の売上高、利用者数、平均営業日数、営業ホール数、従業者数及びキャディ数)。

同じ統計にパチンコホールがあった。上記統計の2013年ゴルフ場売上は930億円、同パチンコは4兆6690億円。ゴルフ場の売り上げはパチンコの1/50に過ぎないわけだ。統計の実数は???ではあるが、少なくとも10倍以上の差があるのは確かだろう。

俳句に碁、カモシカ、そしてスキーにゴルフ、気が付くと身の回りというか住んでいる世界は、絶滅危惧種と斜陽産業ばかり。そういえば明川の集落も絶滅危惧種・・・・。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック