fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

ウイキペディアの執筆に参入

昨日、大崎善生氏に触れたが今日「大崎善生」を検索すると「藤井聡太王位、がん告白の作家・大崎善生さんから「生きる喜び与えられた」と感謝…王位就位式 」なる記事が現れた。11月7日に第64期王位就位式が都内で行われ、「大崎善生さん(65)から花束が贈呈された。大崎さんは昨年、ステージ4の咽頭がんのため声帯を摘出し、6か月間入院していたと妻の高橋和女流三段(47)が代読した祝辞で公表した」そうだ。これは知らなかったのでびっくり。
大崎善生氏(左) 20231129大崎善生

検索したのは「大崎善生」のウイキペディアを開くため。
20231129大崎善生Wiki1


この「来歴・人物」の記述に?という記事があった。気になったのが赤字部分。大崎善生がノルウェーに青野照市九段を伴って来たのは1998年。
毎日将棋を指しに来る大崎を見ていた将棋道場の席主の紹介により、卒業後の1982年、日本将棋連盟に就職し、道場の手合い係を経て、雑誌編集部に移り、『将棋年鑑』『将棋マガジン』『将棋世界』を手がける。1991年に『将棋世界』編集長となり、真部一男「将棋論考」、河口俊彦「新・対局日誌」などを企画する。1996年、高橋和二段を連れてヨーロッパ4カ国の将棋ファンを指導するという企画を立てた。

というわけで以下を追記。
1998年4月、青野照市九段と共にスウェーデンとノルウェーの二か国を現地の将棋ファンとの交流と指導対局ために訪れた[18,19]。1997年春に加藤完司というオスロの駐在員からのファックス、そしてほぼ同時期にスウェーデンからのメールが届き、これを契機に両者との交信が続いていた。1998年の正月に青野九段からプライベートの旅行の行程の途中に北欧を組み入れ指導対局ができないだろうかの申し入れを受けた。これらの偶然が重なり実現したものである。1999年には中座真四段(当時)と共にノルウェーを再訪した。

どうやっていいのか全く分からないだけに、おっかなびっくり、作業は簡単であるが何かと時間がかかった。またページ最後の「典拠管理」が実は単純に記せば良いものではなく、結局最後までできなかった。しかたなく、物理的に書くことができる方法で出典である「将棋世界」1998年7月号と8月号の名を無理やり載せた段階でギブアップ。名前を載せるかどうか迷ったが、出典の記事に何回か明記されているので掲載、疲れた。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック