fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

大寒波の再終幕

昨日からNHKのニュースのトップは大雪。今回の寒気、強いものではないが大きな寒気だったので先週から北日本を覆い北海道では記録的な、と言っても北海道なので量的にはそれほどではないものの、大雪となった。その寒気、過ぎ去る前の22日に上空5000メートル付近のマイナス36度の等温線が、本州中部での大雪の目安である能登半島付近まで南下した。
20231223第4寒波

気圧配置も等圧線が南北に縦に並ぶ立派な冬型、ただそれほど線の間隔が狭くないのでたいしたことはないと思っていたが、本州中部の豪雪地帯では大雪となった。
20231223第4寒波

その結果がこちら。今朝の10時ごろの気象庁の観測値である。なんと、3時間降雪量、同6時間、12時間、24時間の4部門で、群馬県藤原が1位であった。しかも、3時間と6時間部門では新記録となっている。ある一日だけの話ではあるが、記録的な降雪を残した寒気の最後の置き土産で、藤原が1位を独占していたのでびっくりだった。藤原というのは吾が山荘の所在地である。テレビで大雪の画像として流された北海道の留萌や北陸の観測点が登場しないのが味わい深い。
20231223降雪量第4寒波a

せっかくの記録的一日なのでデータを保存。いずれも大雪が降り始める直前の時間に相当する。
レーダー画像 20231223第4寒波レーダー

衛星画像 20231223第4寒波衛星画像

おかげで水上高原スキー場は今日からリフトが動き出した。昨日までも雪景色で真っ白だったが、積雪が薄くて滑ればすぐに地面がむき出しになってしまう状態だったのだろう。
みなかみ高原H20231223

この大型の寒気が東に移動すればしばらくは寒気の南下はないだろうから、暖かい雪の降らないお正月を迎えることができそうだ。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック