fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

劇的な一年?

年末にこれほど雪が少なかった記憶はなかったので、手許の資料をもとにノルウェーから帰ってからの20年超の12月31日の積雪深を調べた。やはり正解、少なくともこの期間では今年の冬が最小で7センチ。7センチというのは日最大積雪深、すなわち24時間で一番多かった積雪深で夜中の0時での観測値である。ちなみに現在の18時ごろの観測値は3センチであった。なお、編年値は70センチだから、劇的に少ないことがわかる。過去20年間のことを覚えているのだからまだボケていないのかもしれない。
20231231年末積雪深

記録的な出来事なので、地上天気図と高層天気図を添えておく。今日の天気図は本州南岸を低気圧が通過中という、まるで春のような天気図。上空約5000メートルのマイナス35度の寒気は北海道の北までしか降りてきていない。これでは低気圧に伴う雨は雪にならない。
20231231年末天気図 20231231年末

そんな庭の風景。雪が残っているのでただの冬景色のようだが、雪の深さがただの冬とは大違い。こうして個人的には劇的なことは何もなかったが、いつものように今年もあと数時間で終わる。
20231231-1.jpg

20231231-2.jpg

20231231-3.jpg
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック