fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

快晴の宝台樹

今日の予定は宝台樹スキー場。スキー学校に上の子二人を入れるためにわさわさの朝。
20240105-1.jpg 20240105-2.jpg

第一陣のスキー学校組に続いて第二陣として出発の予定もフロントグラスが凍り付いていて出発に手間取った。
20240105-3.jpg

なんとかスキー学校のスタートに間に合う。
20240105-5.jpg

今年の宝台樹も積雪が少ないはずだが、快晴の空の下、白銀の世界が広がる最高のコンディション。
20240105-6.jpg

上の子はリフトに乗って滑れるので下の子とは別クラス、すぐにリフトに乗ってしまったので写真はスタート時の2枚だけ。
20240105-7.jpg  20240105-8.jpg

下の子は昨年スキーデビューだが一回スキースクールに行っただけなのでビギナークラスに。平日なのでスキー学校は空いていると思っていたが、先生二人に生徒十二人の混雑だった。
20240105-9.jpg

20240105-10.jpg

二歳五か月の子は我々二人が保育士の雪遊び。
20240105-11.jpg

天気がいいので気持ちが良い。
20240105-12.jpg

雪遊びでもご機嫌。
20240105-13.jpg

20240105-14.jpg  20240105-15.jpg

なんとか滑れているようなまだまだのような段階。でも本人は楽しそうだった。
20240105-16.jpg

20240105-17.jpg

昼食を取ると一番下の子は眠ってしまったので、午後は次女一家でフリースキーに。次女はそこそこ、婿さんは準指を持っている。
20240105-21.jpg 20240105-22.jpg

我々は眠った子を連れて帰宅。山荘に入ると目を覚ましてしまったのでヤマガラの観察。
20240105-25.jpg

芸術写真2枚。
20240105-26.jpg

20240105-27.jpg

関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック