fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

12月のまとめ

2023年は夏から記録的な高温が続き、第四間氷期の真っただ中にある地球の姿を体感させてくれた一年だった。12月も千秋楽を飾るに相応しい高温の日々。データはアメダス藤原の最高気温と最低気温の日々の変化、どちらも平年値を下回った日数より上回った日数が大幅に多い。しかも最高気温に関しては半端なく大幅に上回っている日も多い。
2024010412月の気温

その背景は寒気の南下の回数と南下の程度が小さかったため。12月22日から23日にかけて本格的な寒気の南下があっただけなので、積雪の変化も異様。
20240104積雪深12月

その結果年末の積雪深は平年値を大幅に下回り、この20数年間で最少だった。
20231231年末積雪深

そんな12月のまとめ。

1)寝場所:
自宅 24日、外泊 7日。

2)内訳:
-用事のない日 5日:あっという間の終わった感が強いのは年末特有の事情もあるが、下旬に義理の兄の葬儀ため北海道に向かい、帰ってから父の忌の墓参りや遅れてのクリスマスパーティがあり、30日から山荘に出かけたためかと思う。
-用事のある日 15日:この日数は11月と同じ。
-山荘 6日:上旬に3泊4日、月末に新年にかけての2回。

-山と旅 3日:北海道での葬儀。

3)ゴルフ 0日:11月に水上高原GCはクローズ。

5)累計走行距離:4150km。

6)引き出した使途不明金:10万円。

ここで昔はどうだったのだろう?と気になって2013年、すなわち会社を辞めた年の12月の記録を覗いてみようとした。が、残念なことに記録がない。仕方がないので11月の記録。意外と違いは少ない。現在は「河」の編集作業に携わる日が多いが、それに代えて当時は会社を辞めたばかりなので、今で言うリモートワークのような形態のアルバイトをしていた。確か時給は170USDだった。今はボランティアのようなものなので交通費/食費として2000円/日、まさに隔世の感がまざまざ。

1)寝場所:
自宅 24日、外泊 6日。11月は中旬の10日ほどを風邪だか何だかのため家で外泊を避けたからまあ当然。外泊は全て山荘。

2)内容:
-在宅 13日:たいした用もない休日のようなもの、10月と違ってたいした行事もなくまた半病人期間があればこんなものかな。
-行事 9日:それでもいろいろあってこんな感じ。一日がかりのこともあれば夜だけのこともある。
-山荘 8日:2泊3日と4泊5日で8日。
-山と旅 0日:伊豆半島一人旅を企画するも順延。

3)ゴルフ:
休み。

4)走行距離:3400km
山荘の後半部分だけ。

5)アルバイト 8日:丸一日どこかへ行って・・・というものではなく、机に座ってコンピューターを相手に、在職時と内容的にも同じことを日に1-4時間、自分の都合に合わせてするというもの。だから特定の日と言うものはない。合計19時間。

6)使ったお金:ずいぶん10月より少ないはず

7)入ってくるお金:アルバイト分がドルで払い込まれる予定
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック