fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

能登千枚田の被害

イカモール、見附島、宗玄、七輪、塩田と能登の観光名所の被害の状況について述べて来たが、今日の夕刊に能登の千枚田がようやく登場した。たぶん国道249号線が分断させていてアクセスできなかったためだろう。人的被害がなく、また経済的な影響が少ないこともあるかもしれない。
日経新聞夕刊 20240207千枚田

日本海に面した能登半島の斜面一面に階段のような棚田が連なる石川県輪島市の白米千枚田は1月の地震で複数の大きなひび割れ被害が出た。国の名勝に指定され、絶景を求めて多くの人が訪れる観光スポットで、市はドローンによる調査を実施。(中略) 米作りが始まっていない現在は上空から見ると、地面を切り裂いたような亀裂が至る所に確認できたという。市は被害状況をまとめ今後の復旧に生かす考えだ。

2022年の能登周遊時には当然ながら訪れている。能登でも有数の観光名所ではあるが個人的な評価は低く、ブログにはこんな感想を書いていた。だから行ったことのない人はそれほどがっかりしなくてもいいかもしれない。

初めて目にした時、小さくて人工的な印象だった。写真から一面の棚田が海に落ちていくようなイメージだったが、それは広角レンズで撮影するから広がって見えるのであって、標準レンズ、もしくは人の眼で見ると狭い。また実際にそうだったのだろうが、一つ一つの棚田が異様に小さい。それがきれいに整備されているため観光用という感触が生まれるのだろう。写真で見て行ってみたいな、と思っている方が幸せかもしれない。

当時の一枚 20220809-68.jpg

夜はイルミネーションで飾られているらしいが、町から離れているので訪れたことのある人は多くないだろう。
20240207千枚田イルミネーション

検索するとドローンの画像が見つかったので以下に紹介。まず全景から。上が海で右下に国道249号線が写っている。
20240207千枚田ドローン12

海側から。訪問時の画像と較べると海岸が隆起しているのがわかる。
20240207千枚田ドローン11

棚田の地割れ。
20240207千枚田ドローン0

20240207千枚田ドローン1

地割れで崩れた遊歩道。
20240207千枚田ドローン2

隆起した海岸線。
20240207千枚田ドローン3

20240207千枚田ドローン4

地震発生時に訪れていた観光客は少ないとはい、えひどい目にあったようだ。目の前で地割れや海岸の隆起も起きたのだからたぶん生きた心地がしなかったのではないかと思う。日経新聞の記事から。

維持管理などを行う白米千枚田愛耕会の白尾友一代表(60)によると、元日の能登半島地震の発生時には約70人の観光客がいた。日本海沿いを通る一本道の各所で大規模な土砂崩れや地割れが発生し、周辺は一時孤立。地元の人も含めて約80人が隣接した道の駅や車で寝泊まりして救助を待ち、警察のヘリコプターなどで避難した。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック