fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

記録的高温の実態と分析

昨日20日の東京は温度計を見なくてもわかるぐらい2月としては異常に暖かだったが、実際記録的な最高気温が各地で観測されたようだ。
20240220高温ニュース

一方東京にいると分からなかったが、19日に北海道や東北北部では記録的な最高気温を観測していた。気象庁の資料には新記録が観測されるとアメダス観測点にひげマークが付けられるが、これらのエリアのアメダス観測点には軒並みひげが伸びていてまるで鬣のようになっている。
20240219mxtem0219.png

気温の絶対値としては高くないが、平年値と較べると6度以上の差があるので平年差の図は真っ赤になっている。では実際どのぐらい高かったかというと全て平年に較べ10度以上高く、紋別では平年差8度に上っていた。ここまでくると異常気象と呼んでいいのだろう、これだけ一斉に新記録達成というのは滅多にお目にかかれない。その意味で上図は貴重な画像データである、数日で見れなくなるから。
20240219mxtemsad0220北海道

地上天気図はこんな感じで、本州東海上の高気圧から沿海州の低気圧に向かって暖かい風が大量に吹きこんだ影響で異常な最高気温が観測されたようだ。
20240219北海道高温

高層天気図で見るとマイナス18度の等温線が北海道へ吹き上げていることから、上空5000メートル付近まで大量の空気が暖められたことがわかる。ただしわずか数百キロ北にはマイナス42度の強力な寒気が控えていてやがて南下してくるだろう。
20240219高温北海道

さてこちらは20日の最高気温の観測値、北海道に較べれば少ないがそれでも関東から沖縄までの大平洋岸で多数の最高気温の記録を更新した地点がある。
202400220mxtem0220.png

平年差で見ると日本全体がタコのように見事なまでに真っ赤か。
20240220mxtemsad0220.png

6度以上はスケールアウトなので実際の差を東京付近の拡大図で確認する。やはりほぼ10度以上平年値より高く、平年値に対しプラス15度以上の地点も複数あり、東京でも12.5度。スケールの最大が6度ということは、通常6度で十分ということでありすごい記録である。
20240220maxtemsad0220関東

こちらは最低気温でみた平年差。山中湖では平年値に対しプラス17.5度とある。東京でも13.4度。すごい。
20240220mintemsad0220関東

20日の12時の地上天気図を見ると低気圧に向かって暖かい風が吹き出したわけでもなく、むしろ大陸の高気圧から北風が吹きだしているように見える。
20240220本州高温

高層天気図では北の強い寒気が19日に較べ南下しているぐらいだが、一方マイナス18度等温線は青森で止まり。大量の暖気ががんばって本州を死守してくれたおかげでこのような記録的最高気温が観測されたようだ。いずれにせよ、稀有な状況なのだろう。
20240220高温本州

これだけの最高気温の記録ラッシュを見せつけられれば、地球温暖化がーと言いたくなるが、所詮虫眼鏡で観るような地球上の片隅の話、少し離れて地球を観測すればシベリアには寒気がしっかり居座っている。寒気と暖気のはざまのささやかな小競り合いの結果、というのが冷静にして正確な認識のような気がする。
20240220W本州高温

関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック