fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

放射線汚染の洗脳と戦ってきた人たち

1月下旬に「洗脳戦」なる記事を書いた→こちら。その最初の例として挙げたのが)福島原発避難命令にともなう災害関連死。主旨はこのようなものである。

1)福島原発避難命令にともなう災害関連死
2013年にブログを書き始めてからしばらくの間、いわゆる放射能に関連した記事を多数書いてきた。多くはその実態についての事実で、新聞テレビの焦点をそらした話や事実に触れない報道に対する立場からの記事であった。結論の一つは福島原発事故による飛散された放射線量は生命になんらかの影響を与えるレベルには達していない、言い換えると避難の必要は認められない、というものだった。現実はしかし多くの住民が村を棄てての避難を強いられた。そして福島県が突出しての震災関連死を数えることになった。


今日の日経新聞の夕刊に、上記ブログ記事の援護射撃のような記事が奇遇にも二つ掲載されていた。日本人でも分かっている人は分かっているんだなと少々安心したものの、分かっていたなら十年前に書けよ、と言いたい気も多分にある。ただ書いてもボツになって取り上げられなかったのかもしれないし真偽不明なので深く突っ込まない。

さて一つは一面の「明日への話題」というコラムで元警察庁長官の松本光弘氏の「シーベルトとベクレル」というタイトルで記されたもの。
20240313ベクレルとシーベルト

「(前略)福島を愛する元県民として捨て置けないので、整理してみた。」というマクラで書きだされ、肝の一節がこちら。当ブログでくどくどと資料を揃えて記してきたことである。面倒なので丸ごとコピペ。

放射線の健康影響は人体の標準モデルから計算し、その実効線量単位がシーベルト。即病気になる「確定的」影響は、福島には不存在。遺伝もしない。数十年後の発がん確率が0.5パーセント増える「確率的」影響は、短期間に百ミリシーベルト以上浴びると現れる。それ未満での影響は科学的に検出できないが、「閾値(しきいち)なし直線仮説」は哲学として被曝量に比例した悪影響ありと仮定する。なお、喫煙習慣は二千ミリシーベルト、運動不足は二百ミリシーベルトに相当する。

微量放射線によるDNAの傷は自己修復できる。原爆直後の広島入りから研究を続けた近藤宗平・元阪大医学部教授は、微量なら有益と論じた(『人は放射線になぜ弱いか』)。中川恵一・東大特任教授によれば、福島で後年がんが増えるとすれば放射線ではなく避難生活と過剰診断による(『放射線医が語る福島で起こっている本当のこと』)。


「いずれにせよ私は、福島産の食品を見付ければ無条件に買う。モニタリング検査もされ、一番安全である」というのが〆の言葉。

二つ目は上記の中に登場し、本ブログでも何回か引用させていただいた中川恵一氏の「がん社会を診る」というコラムで、タイトルもズバリ「飯館村の全村避難とがん」。次回に続くそうだが、とりあえず要所のコピペ。
20240313全村避難とがん

氏は数年前までほぼ毎月、福島を訪問してきたそうだ。きっかけは飯舘村、原発から北西方向に30~45キロメートル離れていが、3月15日の夕方から翌朝にかけて、セシウムなどの放射性物質を含む雲状の「プルーム」が村の方向に流れ込みました。プルームが村の上空にさしかかったときに降雨が重なり、放射性物質が飯舘の地に降り注いだのです。風と雨という偶然の気象条件によって、村の放射線量は福島県内でも有数の高さとなってしまいました。

(中略)11年4月当時、役場に隣接する特別養護老人ホーム「いいたてホーム」の入所者の避難を巡り、老人ホームを含む「全村避難」を指示する政府と飯舘村は対立していました。当時、ホームには約100人のお年寄りが入所していました。入所者の平均年齢は80歳を超え、最高齢者は102歳。要介護度は平均4と重く、自力で動けない人が大半でした。ホームを訪問した私たち「チーム中川」は、施設の放射線量を測定した上で、避難しない方がプラスと判断し、村長にも伝えました。


仮に放射線によってがんが誘発されたとしても、1センチメートルの大きさに進行するには20年といった年月がかかります。高齢者の避難は健康上のマイナスが大きく、ホームにとどまるのがベストと考えたわけです。当時の民主党政権に掛け合い、ホームは全村避難の対象外となりました。以後、村民向けの回覧板、壁新聞、仮設での相談会、飯舘中学での授業など、チーム中川による飯舘支援は10年も続きました。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック