fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

イヌザクラ?で満ちている世界

令和の大改造を先週終えたが、今は草木がどんどん伸びる時期、植え替えや株分けなど細かな作業をせねばならないし、先週植え付けたアジサイやバラの具合も気になるので土曜日であるにもかかわらずやってきた。朝関越の渋滞状況を調べると高坂SAの手前まで13キロ35分とあったので、渋滞が減りかけた10時半過ぎに家を出発。

現在谷原で陸橋の工事をしていて関越に乗るまで一時間近くかかるが、途中渋滞もなく14時前に水上ICに着いた。来る途中天気が良く谷川岳がきれいだったので、水上IC出てすぐの公衆トイレ脇の谷川岳ビュースポットで記念撮影。今年の消雪時期は平年並みだったものの積雪量が少なかったので谷川岳の残雪も少なくてすっきりしている。
20240511-01.jpg

サンモールで買い物をして明川へ。この時期何も特別のものはないが天気がいいせいで新緑もしくは万緑がきれい。
20240511-02.jpg

20240511-03.jpg

寄り道をしたので少々遅くなったが3時過ぎに山荘着。やはり天気がいいせいで庭の緑がきれい。
20240511-05.jpg

玄関のドアを開ける時にイヌザクラが満開になっていることに気付いた。
20240511-06.jpg

満開のイヌザクラの花。イヌザクラの花も知らないで「桜の花は大好き!」という日本人のなんと多いことか。
20240511-07.jpg

だったらお隣のウワミズザクラは?と覗くと、こちらも満開。
20240511-08.jpg

20240511-09.jpg

と満足してカメラを納めると、マヌケなことに窓の正面にイヌザクラが満開の花を付けていることに気が付いた。芸なしの木があることは知っていたがイヌザクラとは知らなかった、咲いたのは初めて。
20240511-10.jpg

と、画像を並べてみて、三つとも同じような花であることに気がついた。思えばイヌザクラとウワミズザクラの花の違いを知らない。手許の樹木図鑑の画像では、三つともウワミズザクラであるようにも見える。今はとりあえず思い込みのままの名前で通すが、後で調べることにする。
20240511-11.jpg

部屋から見るとこんな感じ。
20240511-12.jpg

きれいな花なのに知る人が少ない(たぶん)のは毎年花を付けないためなのか?世の中にはイヌザクラもしくはウワミズザクラは結構たくさん花を付けずに隠れて存在しているのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック