fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

授業参観

発行所の仕事のある日だったが、三年生の上の子と一年生になった真ん中の子の授業参観日で、事前に入場券を貰うと
参観できるというので行ってきた。校庭には運動会などで何回か入ったが、校舎内は初めて。ここは小学校と中学校の一貫教育という渋谷区立の公立校である。下の画像は昨年秋の運動会の時に撮影したもの。
20230527-1.jpg

一年生は一階、入り口を入ると左手に一年生の教室が並んでいる。教室の廊下側に壁はなくオープン、広い廊下にはランドセルなどを入れる棚が並んでいる。親などは教室に入って後ろから参観できるが、廊下側からも参観できる。授業は算数、プラスチック製の何か小さなものが10個入ったプラカップが各自に与えられ、一個はカップに、9個を両手に隠し持ち、子供同士が動き回って片手を開き、もう片方に何個あるかを互いに当てるゲームみたいなことをしていた。これが算数。自分が一年生の時にどんな算数の授業だったか覚えていないが、ずいぶん指導方法は変わっているのだろう。
20240516-01.jpg

三階には小学三年生の教室。二人とも背が高い方なので一番後ろの席だった。こちらは割り算で、8÷4=2,、4÷4=1の後、、0÷4=?などということをやっていた。先生が子供にいくつでしょう?と質問すると、多くの子が手を挙げる。当てられた子が答え、なぜ0なのかの理由を説明させられていた。そこで引き上げたがなかなか興味深い授業だった。0の概念がテーマだったらしい。

校内は真ん中が吹き抜けになっていて、三年生の教室と反対側の教室群。なぜか誰もいなかった。
20240516-02.jpg

空いていた教室。
20240516-03.jpg
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック