風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

毛虫とカモシカジュニア

今朝はいい天気、とはいえ妻は今日帰るので、朝から庭仕事。といっても日曜日とあって、たいしたことはない作業を9時過ぎから手分けをしてゆるゆると行う。昼前に懸案の明川の桜の毛虫退治へ。平成20年6月に家族それぞれの名義で2年物の桜を植え、今年は4-5mとずいぶん大きくなったのだが、桜といえば毛虫、大発生の年とあれば悲惨な状況が想定され、スミチオン2リットルと原液を携え明川に下ることにする。


これがその毛虫。最初は目の敵にしていたのだが、慣れてしまうとその愛嬌ある顔がかわいくもある。
20140629-2.jpg

明川の桜並木を見ると、なかにすっかり食われている木もあるがほとんどはたいしたことはない。我々の桜もほとんど無事、1本に数匹見つけてスミチオンを散布するだけで終わってしまった。農薬がたくさん余ったので、人様の木でも、毛虫を見つけては散布。

さて、明川に下る町道に出た時、カモシカの子供にばったりであった。昨日の立ち話で、カモシカの親子連れがいるという話を聞いていたが、この子がその子供らしい。体も小さく華奢で、今年生まれたか巣立ったかしたカモシカだろう。カモシカの性なのかじっとこちらを見つめている。まだ人馴れしていないようで、慌てて写真を撮るとカモシカも慌てて森の中に消えてしまった。現場は町道、子供とはいえ特別天然記念物もこんな背景で撮られた写真を公開されてはちょっと気の毒かな。
20140629-4.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック