風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

「April love」

今日は朝からいいお天気。もったいない気もするが、今日帰らねばならないので、昨日の作業の続きを11時過ぎまで。新兵器用の紙やすりがなくなってしまった。結構消耗が早い。


さて、これがクレマチス。上の写真の中央、白樺にネットを張って這わせている。
20140715-1.jpg

ファインダーを覗いて頭に浮かんだのが「April love」、絵の題名でアーサー・ヒューズの代表作。検索すると、鮮やかな緑と紫が同じなだけだけど、まあイメージが重なるのもムベなるかなと納得。何故親しいかというと、初めてテート美術館のPRB(ラファエル前派)の部屋に入った時の感動は忘れがたく、印象に残った内の1枚がこれ。結構大きな絵だ(89x49.5㎝)。以来、ロンドンに出かける度にテート美術館のPRBの部屋を訪れていた。だから、今年の初めにPRBの展覧会が東京で開かれていたが行っていない。PRBとは19世紀後半の英国の画家のグループで、印象派より26年早く結成されている(1848)。日本では絵というとなぜか印象派ばかり、PBRだけでなく北欧にも素晴らしい画家が結構いるのに(ムンクのことではない、若いころはうまかったが)。いずれにせよ、絵の好きな方にテート美術館のPRBの部屋はお薦め。
200px-Arthur_Hughes_-_April_Love_-_Google_Art_Project.jpg


帰る日にはずいぶん色づいた紫陽花。20140715-3.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック