風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

ペンキ塗り替え

夏に半月も来ないと庭の雰囲気は結構変わって、咲き続けている花もあれば、咲いている姿を見ずに終わった花、そして今盛りの花といろいろ。
20140802-1.jpg

20140802-2.jpg

20140802-3.jpg  20140802-4.jpg

気持ちの良い天気なので昼食は外で。椅子に座ると庭はこんな風に見える。
20140802-5.jpg  20140802-6.jpg

さて、今回の目的の一つがペンキ塗り。午前中にサンダーの仕上げをして、15時前には半分塗り終えた。このサンダー、紙やすりの取り付け方が二通りある。一つはアイロン型でこれはマジックテープのように専用の紙やすりを使うもの、もう一つが普通の紙やすりを金具で取り付けるもの。専用紙やすりはカインズで368円、東急ハンズではA4サイズが80円ぐらい。だから、紙やすりを買って来てアイロン型に切って持って行った。これが間違いのもとで、使い終わった専用の紙やすりに貼って使おうとしたのだがすぐ剥がれてしまう。ではと、金具で取り付けようとするとサイズが短くて取り付けることができない。結局半分しか下準備ができなかった。それでも、塗れた部分はいい感じ。
20140802-7.jpg  20140802-8.jpg

夕方、妻が長女を迎えに水上駅へ。東京では電車の事故が重なり、列車ダイヤが大幅に乱れたらしい。夜はバーベキュウ、野菜をいくつか切ればおしまい、後片付けもほとんどない。春夏秋の定食のようなものになっている。ちなみにこの黒い容器、オスロで購入しもう15年使っているが、塗装が全く剥げない。さすが北欧製と思っていたらアメリカ製だった。
20140802-9.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック