風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

朝日新聞に対する懲戒処分

極暑の日々に相応しく暑苦しい話題を。

日経新聞しか見ていないので知らなかったが、8月5日に、朝日新聞が、従軍慰安婦に関する80-90年代に記した16本の記事が捏造であることを認めたらしい。 従軍慰安婦を巡る日本人男性の証言を「虚偽だと判断し(関連の)記事を取り消す」としたそうだ。ただし、その部分は認めるものの、全体の論調は自社の正当化が主旨らしい。虚偽は認めるが、それに基づいて構築された論理は正しい、ということのようだ。
20140805朝日

この件、今に始まったことではなく、朝日の記事は捏造に基づくものであるとの証明があちこちでなされたきた。慰安婦問題については、3月27日のブログに「慰安婦問題の実相」(http://bb79a.blog.fc2.com/blog-date-20140327.html)に記したのでまず実態を認識のほど。

朝日新聞はこの件で、多くの国民を欺いてきただけでなく、国益に加え国の品格さえも毀損してきた。まさに国辱を捏造してまき散らした悪質な犯罪。今回自首してきたわけだが、しかし反省しているわけではないらしい。

自民党の石破茂幹事長は、「必要であれば、議会が責任を果たすこともあり得る」と述べ、国会審議で追及する可能性を示したそうだ。その理由として「隣国との友好、国民感情に大きな影響を与えた」と説明した。この際徹底的に朝日新聞の責任を追及し、1か月の発行禁止処分ぐらいに処すことにより、日本という国はいろいろな面でよい国になるだろう。

ところで、7月8日のブログでも朝日新聞への悪態を書き込んだが、面白いものを見つけたのでコピペしておく。「朝日新聞の用語集」という記事。

・「議論が尽くされていない」:      自分たち好みの結論が出ていないという意味
・「国民の合意が得られていない」:  自分たちの意見が採用されていないという意味
・「異論が噴出している」:        自分たちが反対しているという意味
・「政府は何もやっていない」:      自分たち好みの行動を取っていないという意味
・「内外に様々な波紋を呼んでいる」: 自分たちとその仲間が騒いでいるという意味
・「心無い中傷」:              自分たちが反論できない批判という意味
・「皆さんにはもっと真剣に考えてほしい」:アンケートで自分達に不利な結果が出てしまいましたという意味
・「アジア諸国」 「他国」:         中国、韓国および北朝鮮の事、それ以外の多くのアジア国は含まれない

こんな新聞が公器として存在し、かつ700万部超の読者がいる国って狂気?
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック