風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

矢野顕子 in 狛江

なんとなく間の抜けたタイトルに聞こえるのは狛江という場所のせいかもしれないが、彼女の1年ぶりのピアノ弾き語りライブ。前回は京王多摩センターだった。
矢野顕子201408

オープニング曲は「くるり」の「グッドモーニング」。原曲も悪くはないが、矢野顕子ピアノ弾き語り版は、毎度のことだがまるで彼女のオリジナルのような素晴らしい音楽に。この曲、アルバム「音楽堂」に収録されている。このアルバムは全15曲中12曲がカバー曲。今回MCで、「みんないい曲書いているから私書く必要無いでしょ、みんな頑張って!」と笑いを取っていたように、矢野顕子、一般にはシンガーソングライターと見られているかもしれないが、山口百恵の「いい日旅立ちや」岡林信康、山下達郎をはじめ有名ではない人のカバー曲が多い。カバーといっても全て原曲のコードはどこかに消えてしまい、矢野顕子の不協和音山盛りのコードとリズムとメロディーが流れ出てくる。今回は、小さな会場の弾き語りのため、ずいぶんリラックスした感じで、楽しみながら演奏していた。「この舞台にピアノだけで皆さんと感動を分かち合えるのは幸せ」みたいなことも言っていた。このライブも1日だけ。音楽は完全に個人の趣味だから、大衆受けしないと言ってしまえばそれだけだけど、ちょっと寂しい。逆にいいものはいい、として心酔できるのは幸せなのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック