風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

円の行方

以前に記したように、ブログを始めた時には経済をトピックの一つにするつもりだった。結構書きたいことがたくさんあったから。ところが書き始めてみると、もっと需要な日常の些事が次から次と現れ、きちんと経済関係の記事を書く気になかなかならなかった、きちんとした資料の準備が必要だから。

さて、しばらく膠着状態にあった円ドル相場が円安方向に動意づいてきた。下図は中期円ドル相場(日経新聞より引用)。実は為替相場に親しい。少々前に外銀に口座を開き、その後外貨持ち高を増やし、現在、金融資産の1/3は米ドルと豪ドル建て。だから他人事の評論家の感想と違い、少々記しても良いだろう。

円ドル長期

お金はそれに執着すべきものではないが、たくさんあった方が良い。少なくとも何もせずに目減りするのはイヤ。実は日本は多くの食料品を含め輸入額は結構多い。円安による輸入品の高騰によって物価が上がれば、実質的に円の価値が減る。1/3を外貨というのは、ずいぶん大胆な、と見えるかもしれないが、将来の円安に確信があれば外貨で持っていることは当然の選択。

で、先をちょっと書いたが、あまりに鬱陶しいので全文削除。

確信の根拠といっても単一の要素ではなく、それらの要素も複雑に絡み合うが、概ねの方向は、様々なニュースや解説、データ、資料を眺めていると自ずと見えてくる。全ての情報が公開されてゲームは進んでいるのだ。今後、単調に円安が進むとは思わないが、短期的投資目的ではないので、長期的に緩やかに(急激でもいいのだが)円安に進んでくれればいい、と希望というか想定している。知識と行動があれば、人は幸せにありつける。

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック