風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

一遍忌俳句大会

今日は一遍忌俳句大会。毎年この時期に藤沢の遊行寺で開催されるが、今年は遊行寺の地蔵堂落慶法要と重なり、隣接する藤嶺学園中学校ホールでの大会。大会ということもあって、ドアツードア全14時間の俳句デー。

先日季の会の主宰から電話で、司会を務めてほしいとの依頼があり、参加2回目にもかかわらず大胆にもこれを引き受けた。司会と言ってもたいした会ではないので、堅苦しさも緊張もないが、司会は司会。事前投句2句、当日句2句だが、吟行気分ではなく形だけ整えて投句。一番最初の投句者だった。それもあってか本質的な問題かわからないが、俳句人生初めての完全スカ。事前投句は、実は司会の前に提出しているので、本質的問題、ということになる。さすがに、顔には出さないもののささやかなショック。

句会最後に藤沢俳句協会の副会長の女性が、こういう句会(半吟行句会)は臨場感のある句は力があっていいですね、と述べ、ただただ首をうなだれるばかり。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック