風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

今日のお仕事(1)

昨日の続きがあるものの、水上高原GCの無料パスを十分活用していないので、6時半に起きて朝一番で回る。連休の谷間だが貸し切り状態。で、昼前には上がり、午後から作業開始。まず、軽量ブロックに入れる鉄筋の結線。鉄筋はブロックの穴を通れば良いので木工作業に比べれば神経質になる必要はないのだが、勘違いがあると取り返しの利かない悲惨な状況になるので、何度も寸法を確認する。今回学んだのが結線の難しさ。0.9㎜のステンレスの針金なので作業は楽だが、きちんと鉄筋を固定するのがけっこう難しい。小さな構造物だが結構時間がかかる。ビルや橋や道路など、作業量を想像すると気が遠くなりそう。職人さんて本当にすごい人達だと思う。
  

続いて土間コン作業。この作業のためトロフネも購入した。ところで、コンクリートとモルタルの違い、知っていますか?コンクリートとはセメントに骨材として砂利を混ぜたもの。セメントだけでは強度が低い。これは頭で知っていたが、作業をすることによって納得。コンクリートのレシピには少なくとも二つあって、カインズホーム仕様とコメリ仕様。というか、コメリで買った砂利とカインズの砂利では、セメント1袋(25kg)に入れる砂利の量が違っていた。
・カインズホーム仕様:セメント25kg、砂2袋(40kg)、砂利4袋(80kg)
・コメリ仕様:セメント25kg、砂2袋(40kg)、砂利3袋(60kg)
当然水の量も違うし、出来上がり量も違う。どうもいい加減でいいものらしい。とりあえず量の多いカインズ仕様で作る。

写真は最初のコンクリートを練り上げたところ。これでセメント半量分。といっても砂20kgと砂利40kg、これを均一に混ぜねばならない。さらにセメント12.5kg(ぐらい)を加え、また混ぜ合わせ、さらに水を混ぜて全体を練り上げる。ひとつひとつが大変な作業なので、写真の状態にするのは実は大変な重労働。そんな作業を4回繰り返し、とにかく今日は半分で時間切れ、というか疲れてギブアップ。
20140922-2.jpg  20140922-3.jpg

山の端に日が落ちればすっかり秋の風情。
20140922-6.jpg

20140922-4.jpg  20140922-5.jpg

お疲れ様のビールが美味しい。
20140922-7.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック