風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

タームシート

3月にある会社からアドバイザリー業務提供の打診を受けていた。その後何回か面談し、今日はその業務委託契約のタームシートの打ち合わせ。時間がかかっているのは何か揉めているわけではなく、その会社の業務発生予定が10月であるため会社がが急いでいないことと、当方も急ぐ必要がなかったから。

タームシートとは契約内容の肝について簡潔にまとめた一覧表のことで、そこで合意すれば後は契約書に落とす事務作業だけとなり、調印となる。その内容も何回かの打ち合わせ内容が反映されたもので、多少凸凹はあるが敢えて問題とするところはなかった。が、ひとつ、申し入れたのが契約発効日。当然、調印即発行日との先方の認識だったが、調印と無関係にそれを早めることはできないかという疑問形の提案だった。理由は委託を受けるに際し、期待に応えるためには一部の作業を調印に先立って今にでも前倒しで行いたかったから。

結果は、持ち帰って上司に相談ということに。これまでの何回かの面談で分かったのが、大きな会社なので、何かと時間がかかるということ。だから契約内容に合意しているにもかかわらず調印予定は10月後半の予定とのこと。さすが、日本の会社、と妙に納得。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック