風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

アドバイザリー契約

今朝、某社から標記契約書が郵送されてきた。今年の春に打診があり何回か面談を重ね、今回調印に至ったもの。時間がかかったのは同社の必要性が差し迫ったものではなかったことと、当方も急いでいなかったためで、問題があったわけではなく極めて友好裡での合意。

この会社、資本金1300億円という大きな会社で、そこの或る部門の技術的アドバイスをする。定期的に出社するわけではなく同社が必要な時に必要な形態で仕事をすすめ、時間ベースで報酬を受け取るというもの。定時出勤都いう形態での仕事をするつもりはなかったので、お互いその方が効率的では、と申し入れ納得していただいた。要するに通常業務に関しては作業の場所と時間は不問、業務遂行時間数は自己申告の信頼ベースという条件。もちろん要請があれば出社も海外出張もある。

さすがに仕事を請け負うとなると、人生のプライオリティが仕事優先になる。今の生活というか生き方に何の不満もないが、覚悟の上とはいえ、来週からライフスタイルの色合いがかなり変わるのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック