風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

隠れ俳句ウィーク

月末とあって今週は俳句三昧というよりオブリゲーション完遂達成のための苦吟の毎日だった。まず、河全国大会競詠作品の締切が月末で20句、季の投句締切が月末で7句、4日の荒地句会の投句用に10句と少なくとも37句用意せねばならない。さらに、季の連載「捨てて拾われ青い山」という山頭火に関する記事の締切が月末。

明日から山荘で仕事があるため、今日中にすべてケリをつけねばならなかった。で、先ほど、最後に残った競詠作品を発送、ミッションコンプリート。

これでおしまいのはずが、河の編集長から暗黙のお助けSOSを受けたので、夕方から発行所に入れ校の作業を手伝いに行く。会社にそのままいたらボケが進みゆくばかり、だったような気がする。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック