風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

弁護士さんとの会食

示談交渉は無事決着し、お礼を兼ねて弁護士さんを会食にお誘いした。これまで、半年以上何回も面談している。徒然なるままに話はいろいろと飛ぶわけだが、昔の話題になった時に、頭の中で???が渦巻く。

5月14日の最初に電話で話した日のブログの記載:「(中略) 夕方、ケータイに弁護士からの留守電が入っていて、比較的若い女性だった。こうやって人生はちょっとずつ横道に逸れてゆく。」

5月19日の最初の面談時の記載:「(中略)電話で受けたイメージとちょっと異なるものの、やはり30代の美人弁護士。」

会話の中身からどうも30代ではなさそうな雰囲気が漂ってきた。年齢を訪ねた訳ではないが、そのうち「・・・50になると・・・」の言葉が。「え!」に濁点を4つぐらいつけたくなる驚き。70過ぎなのに60代に見える人はたくさん知っているが、何回も会いながらぎりぎりとはいえ50代の女性を30代半ばと思いこんでいた。若く見られた逸話をいくつか話てくれたので、いつのまにかすっかりボケてしまったわけではなさそう。でも驚き、まるで「ポーの一族」、そういえば、学生時代はアニメ研究会だったとか。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック