風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

フクロウ

前回スキー学校にいった成果を確かめるべくいそいそと宝台樹スキー場へ。快晴とはいかないがまずまずの青空、引き続き温かく春スキーのような陽気。先週の大雪以来雪は降っておらず、また暖かな日があったため雪が融けては凍ったため、リフトに乗っているとガリガリいう音がしている。しばらく雪が降っていないので、ゲレンデは一反モメンのように真っ平、まるでノルウェーのスキー場みたい、と思う。

固い平らな雪面なのでスキーが軽い。1600mのクアッドを途中止まることなく一気に滑り降りる。スキー学校で習ったことがしっかり生きていて絶好調、午前中に軽く8本。午後になると急に雪が重くなり、一気の滑降はきつくなる。曇って来たし、14時過ぎにクアッドが点検のため止まってしまったので早々に帰る。

夕闇迫る頃、温泉に浸かっているとフクロウが鳴いた。ホーホー、ホッホホーホー。やがて、声は止みもとの静寂に。ここはいろいろな鳥や獣が住んでいる。

20150224.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック