風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

迷い道

あるところから作業依頼があり今日面談してきた。昨年の夏にも打診があったが、対応はできるものの他の方が適切な気がする、としてお断りした経緯がある。再雇用1年で職を辞した理由は、もう十分にやってきたので仕事はもうおしまい、という気分に因るところが大だった。それでも今の仕事を引き受けたのは、他の人ではできないから。

今回も、多分前回と同様の作業なのでお断りするつもりで出かけた。話を伺うとやはり想像通り。改めて、基本的なスタンスとネガティブな心象を伝えた。一つ違ったのが、作業期限が迫っており代わりの人の当てがないという状況。是非、助けると思って、みたいなことも言われたような気がする。では、と、具体的な作業の説明を受ける。受けた時点で片足を入れてしまったようなもの、と内心自嘲。

帰りに北の丸公園に寄った。お濠の桜はあらかた散っていた。千鳥ヶ淵を歩く気もせず、何の目的もなく北の丸公園へ。ふと、東側のお濠縁に行ってみる。千鳥ヶ淵の沿道の対岸に当たるところだ。こちらの方が高いので、桜を下に見る感じ。もしかしたら、人が少ないことを考えるとけっこう穴場かもしれない。

つらつら考えるに、人に頼まれるということは幸せなことなのかもしれないと思う。人は一人で生きているわけではないのだし、何かをあきらめても人の役に立てるということは喜ばしいような気もする。

ということで、受けることにする。定時出勤で月六日程度、自分の都合のよい日に出勤する。期間は4か月ほど。ボランティアではないので報酬はいただける。また予期せぬ迷い道に入ってしまった。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック