風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

白樺の発掘

昨日帰ってから、もう一つの作業、白樺と木槿の発掘作業をした。左の写真の赤丸の雪の下に白樺と木槿が埋もれている。白樺は窓の高さを超えるほどまで育ったのだが、枝に積もった雪の重みで倒れ、そのまま雪に埋もれてしまった。木槿は倒れた訳ではないが、沈みゆく雪とともに潰されてやはり雪の下。だから見かけ上はただの雪の原にしか見えない。
20150412-012.jpg  

この付近の雪を掘り下げてゆくと、横になった白樺が見えた。まるで恐竜の骨を発見した感じ。これを丁寧に発掘よろしく雪を除いて行くと白樺が全容を現すので、これを引き上げ、幹の周りの雪を掻きだして立ててやる。写真は今朝窓から撮ったもの。後ろの白樺も雪に引っ張られて傾いでいたので、同様に幹の周りの雪を、こちらは地面まで掘って真直ぐに押し戻した。これだけの作業でも大汗。多数の紫陽花等の雪囲いはまだ雪の下。多分支柱と共にボキボキになっている状態に1万円。
20150412-013.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック