風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

無事ロンドンへ

最近のLH機の搭乗は初めて。なかなか洗練された感じでかつ広々として快適。ユナイテッドと大きな違いだ。ただフルフラットだが足先をV字に揃える感じなので夫婦恋人係向き。少なくとも上司と並んで座りたくない。なお、妻は決して有村架純似ではないので念のため。
20150422-1.jpg 20150422-2.jpg

食事もさすがドイツ、くどいようだがユナイテッドとは格段の違い。オスロ時代、初めてドイツに観光に行って思ったことの一つがドイツは美味しいということ。フランクフルトで降りて、レンタカーで南ドイツを回った。それぞれの町でレストランに入るのだが、ドイツ語に親しくないのでなんだかわからない。そこで、メニュ―の1-4番を選ぶとか、英語が通じる時は一番美味しいのを4つという風に注文するので、見たこともないドイツ料理が出てくるのだが、おいしい記憶しかない。

今回、前菜の後、私はシーフードのブイヤベース、妻は牛肉の赤ワイン煮(中)を頼む。これにはうどんが付いていた。ドイツ人はうどんを食べるのだ。サウンドオブミュージックの中の「My favourite things」の歌詞にある「~schnizels and noodles~」というフレーズの意味がその時初めてわかった。左右はターキーのオードブルと食後のチーズ盛り合わせ。
20150422-3.jpg 20150422-4.jpg 20150422-6.jpg

もう一つのLHのお薦めがイアフォン。Bose製で気密性がよく音が良い。ユナイテッドとは天地の差。食事が終わる頃にはすでにシベリア上空。これは南側、遠くの山々はチベットかもしれない。
20150422-5.jpg

フランクフルトへは19時前に着き同発20時。夏時間のせいかまだ日は高いというか沈んでいない。
20150423-7.jpg 20150423-8.jpg

テームズに日が暮れる頃、無事ロンドン着。
20150423-9.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック