風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

心配事

「・・・明日からの世界はどうなるのだろう。」、と28日(日)に書いたが結局世界には何も起きなかった。杞憂だったとは思わないが、市場が間違っていると言い放つほど偉くもない。ただし中国だけは別。バブルが派手に崩壊を続けていて、昨日は上海と深圳に上場している2800銘柄の内半分の1400銘柄がストップ安という。ピークからの下落率は3割。4月18日に書いた通りのことが起きている。
20150704上海A株

明日はギリシャの国民投票。EU提案の緊縮策は結局支持される、すなわち賛成派が過半数を取るのだろう。いずれにしろ、ギリシャ問題の根本的解決には全く影響がなく、問題解決へのきっかけの時期だけの話。所詮ローカルな話なのでこれはどちらに転んでもさざ波がたつ程度。これに関する話もいつか書いておこう。

1日、アメリカは国家軍事戦略を発表した。その中で米国の安全保障を脅かす国家を設定し、その中に「中国」を明示している。ベア相場であればそれだけで暴落してもおかしくない重大な国際情勢の変化。そんな中での中国でのバブル崩壊。日本の新聞、マスコミ、政府と野党はともかく、市場も全く無視しているが、本当にそうなのだろうかと他人事ながらやはり心配。歳をとったのかな。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック