風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

ミシュランの一つ星レストラン

旅先で地元の美味しい料理に出逢うことは旅の楽しみの一つ。ただどの店が美味しいのかはガイドブックでは分からないので、店構えとかお店から漂ってくる気で判断するしかない。多くは旅行気分もあって幸せになれるが、味の絶対値はごまかせないので外れもままある。

春の英国旅行で、娘の予約してくれたロンドンの英国料理レストラン「Medlar」、前菜もメインコースもデザートも素晴らしかったので、帰りにメニューを持ち帰らせてもらったほど。後日きちんとまとめた旅行記の一節にメこのインコースの料理の写真とメニューを記した。料理の写真は左から順に、鴨、子羊、ウサギ、確かに英国料理だ。(http://bb79a.blog.fc2.com/blog-entry-818.html)。

今日帰宅すると、このレストランがミシュランの一つ星だったんだって、と妻が言う。娘から報告があったのだそうだ。権威付けはあまり信用しないが、少なくともロンドンの審査員の評価は正しかったようだ。ちなみに3点セットのコースが46ポンドと、この円安でも1万円札でおつりがくる。ミシュランの星獲得だからいって、いい気になりボラないところは英国クォリティ。店のURLはこれ(http://www.medlarrestaurant.co.uk/food)。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック