風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

「世界同時株安で、ヘッジファンドも大損続出」

金の第一人者で国際経済にも詳しい豊島逸夫氏が本日2015年9月4日付けのブログでこんな記事を書いていた。

海千山千の欧米ヘッジファンドも、現在進行中の世界的マネー波乱の波をもろに受け、巨額の損失を出していることが、ヘッジファンド顧客へのレターなどで、続々明らかになっている。例えば、著名投資家デビッド・アインホーン氏率いる大手ヘッジファンドのグリーンライト・キャピタルは、8月だけで運用資産の5%を失った。1~8月で見ると、運用成績はマイナス14%。惨憺たる結果だが、それでも、顧客は2%のフィーを払わねばならない。まさに、踏んだり蹴ったり。解約が相次ぐのも当然だ。その他にも、著名投資家ビル・アクマン氏率いるパーシング・スクエアが8月には9.2%の損失。これで、1~8月期ベースでは、トントン、即ち、損得ゼロになってしまった。

「物言う株主」としてソニー株取得、更に先月にはスズキ株取得で日本でも知られるサード・ポイントも、マイナス5.6%。ヘッジファンド業界の大御所、ジョン・ポールソンも、8月初旬まではプラス20%の運用成績だったが、同月を終わってみれば、6%の損失を蒙る結果となった。

いずれも、中国株暴落、中国発世界株安連鎖を見誤った結果だ
。」

<いずれも、中国株暴落、中国発世界株安連鎖を見誤った結果だ>、まあ、そうなんだろうけど、あっさりそう言うれておしまいの顧客は悲劇、というか、「お前らプロじゃないの」、と運用者に100回ぐらい言ってあげた方がお互いのためになるかもしれない。

「明日からの世界はどうなるのだろう」と書いたのが6月28日(中国製時限爆弾は炸裂したが・・・)。この日の大分前より、某元外銀のお姉さんに、「グローバル・アロケーション・ポートフォリオ」という投信を薦められていた。良好な実績があるが基本的に米国株式と相似形。国際金融情勢の認識を縷々述べて購入は様子見にしていた。実は未来とは見えるものなのだ。

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック