風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

New Acoustic Camp in 水上高原

からまつコースの係はこぶしコースの係のおじさんだった。「どう、お客さん入っている?」と尋ねると6000人ぐらいとの答え。この土日の二日間、水上高原GCこぶしコースでNew Acoustic Campというイベントが開かれる。6月にxxさんもどうですか?とパンフレットをもらったが、知らないアーティストばかりだったので、他人事ながら成り行きが心配だった。実際には年々客数が増えているとか。この地で6000人とは驚愕の数字。どうも、こっちが知らないだけらしい。当然、かなりの車を受け入れねばならず、宝台樹スキー場の駐車場を使うとか。そこからシャトルバスを出すが、一般道だと交通マヒを起こすので、白樺、からまつ両コースを閉鎖してコース内の道路を使うという。

今年で6回目だそうで、いわゆる音楽フェスティバルとはちょっと違った、山とキャンプと音楽が、“そこに同じく在る”アウトド アイベントだそうだ。チケットは2日通し入場券 前売:¥17,000、1日入場券(9/12)前売:¥10,000と安くない。


こんな感じらしい about01.jpg

場所はおなじみのこぶしコース。ここにステージや多数の出店、キャンプサイトが設けられる。アコ通りなどの名前もあるから相当の賑わい、6000人が集まればそうだろう、いつもは一人で回っているけど・・・。キャンプサイトの番号とホール番号が同じなのでふむふむ。
areamap_01ALL_AREA.jpg

ちなみに、出場者は:B.A.a.D、COMEBACK MY DAUGHTERS、G-FREAK FACTORY、ハナレグミ、かみぬまゆうたろう、片平里菜、真心ブラザーズ、Rei、レキシ、TRICERATOPS、渡辺俊美、浅井健一、チャットモンチー、EGO-WRAPPIN'、藤巻亮太、GOMA & The Jungle Rhythm Section、GONTITI、LOW IQ 01、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、SPECIAL OTHERS ACOUSTIC、sugar me、谷本賢一郎、THE BACK HORN、宇崎竜童 。知らないよね。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック