風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

ベランダの防水工事

先日の旭化成のお見積書によるとベランダ等4か所の防水シートの張替え費用として150万円の提案。細かく作業内容と単価、作業量の明細があって、積み上げると150万円になっている。その点ではクリア。何かこれという作業ではない。しかし、ご提案にもかかわらず、その理由について説明する文書がない事に気が付いた。先日専門家が点検に来て説明したということなのだろう。理由は最初の工事から時間が経っているということと、特に三階部分では防水シートが粉を吹いている状況だから、というのが妻が聞いた説明だった。

今日は何も予定がないので、懸案のベランダの防水シートの点検。屋上の防水シートを張り替えた時は、確かに亀裂もあったし、夏太陽輻射と紫外線に多分50度を超えて焼かるためだろう、硬化も明らかだった。しかし、ベランダの環境はとてもマイルド。鉢類もたくさん並んでいるし。ということで、10年ぶりぐらいに特に傷んでいると言われた三階部分のベランダの植木鉢とをかたずけ、ベランダをきれいに水洗い。しかる後防水シートを点検した。粉を吹いていると言われたそうだが、雑巾で表面を拭くも、粉などなく表面の汚れを取り除くとしなやかなシート表面が現れた。他の防水シートも同様。

要するに、見積書はクリアだが150万円かけて回収する理由はアンフェア、ではなくアンクリア。というか、指摘された理由が事実でないとすると専門家の指摘結果は捏造?
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック