風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

健康の基準

7月下旬に受けた健康診断の結果、精密検査が必要です、というもう一つの項目が緑内障の疑い。去年と同じ。今日、雨の中、池袋まで言って精密検査を受けてきた。2か月も放置していたのは昨年精密検査を受け、実態が判明していたから。結果は昨年と同様で悪化もしていなければ良化もしていない。眼圧は12-13(単位不明、調べる気も起きず)だそうで、20以下なら正常。緑内障の治療は眼圧を下げるしかないというか、それだけなので、結論は定期的に要観察ということに。

何故、緑内障の疑いと判定されたかと言うと、眼底撮影で、視神経束の部分に陥没が見られたためで、それが緑内障の症状でもあるらしい。ただ近視でも同様の症状が現れやすいし、当然個体差もある。多分加齢も。だから、毎年健診の度に緑内障の疑いとか前立腺肥大の疑いと言われ続けねばならない気がする。そういえば、健診結果で一時期貧血と判断されることが時々あった。男性の赤血球の数が400(単位は忘れたが万個/mlのようなもの)未満は貧血と判定され、微妙にそれを下回ったから。今は微妙に上回っている。妻曰く、他の血液検査項目は健全なので、ひとつひとつの赤血球が大きいのだとか。結論は問題なし。健診結果、すなわち個々の計測値の見方においては絶対値も重要だが、変化を見ることが重要らしい。異常値に見えても本人が健康なら、単にヘンな奴というだけでなんの問題もない。

帰りにオアシスとマーランドゴルフに寄って帰るとお相撲の時間。続いて安倍さんの記者会見。簡単に一日が終わってしまった。それにしても照ノ富士、大丈夫かなあ。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック