風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

お腹いっぱいの一日

もったいないような完璧な秋晴れ。会社を辞める前は、こんな日に山に入っていたらさぞ幸せだろうといつも思っていたが、最近はそれほどの思いを抱かなくなった。会社にいれば叶わなくても、今は行きたい時に行こうと思えば行ける。行かないのは山に入ることよりも少しだけ楽にして楽しいことがあるから、ということらしい。美しい夢や羨望というのは望みがかなえられないという安心感があるから生まれるのかもしれない。

などと考えながら、快晴の朝の東名高速を大井松田ICまで走る。この辺でも富士山が大きく見える。今日は小田原GC松田コースでTさん、Aさん、Sさんとゴルフ。Tさんは大学の同じ研究室の先輩、AさんはTさんとのゴルフ仲間にして元の会社での同僚でN社に再就職している、Sさんは元の会社での同僚にしてN社に再就職した、という偶然の折り重なった関係。だから、秋晴れの空の下のスコアなど関係ない楽しいゴルフ。平日とあって2時過ぎには終了した。

6時からは荒地句会。遅刻かもと思っていたが、早々に終了したので余裕で間に合う。主宰の秀逸の選を3つもいただく久しぶりの幸運。そして二次会。

朝7時前から23時過ぎまでお腹いっぱいの一日だった。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック