風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

校正作業の価値

今日も良いお天気。と言いながらも今日からしばしの都会生活、洗濯をするわけではないので天気は晴れても雨でも気にならない。用事もないので河の編集を手伝いというか11月号の校正作業に出かける。久しぶりの作業のため、1時間もやると飽きてスモーキングブレーク、というパターンの繰り返し。この作業の価値があるとすれば、ピンからキリまでの2000句余りを精読すること。ボランティアとはいえそれなりに責任ある作業なのでできるが、自由奔放な環境下ではいくら時間があっても100句も精読できないだろう。もっとも、2000句を精読したらどんな価値があるかというと大いに疑問、実際覚えている句など一句もない。多分、脳が長時間俳句漬けになっていることぐらい、だからどうだと言われると、これも明確な答えは思いつかない。だからボランティア。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック