風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

5月の異常高温は異常か?

昨日今回の高温は記録的かもと書いたが、実は昨年の5月22日にも「5月に異常高温」という記事を書いていた→こちら。「北海道でここ数日、北海道東部が最高気温ランキングでベスト10を独占・・・」という内容。確かに軒並み30度Cを超えていた。その時の850hPa等圧面、言い換えると上空1500メートル付近の温度分布が下図。オレンジの線は15度Cの等温線。日本の南方海上を15度Cの等温線が横切るが北海道北部に15度C以上の暖気団が現れていた。
20160521kousou.jpg

こちらは今年。あいにくリアルタイムのデータを取らなかったので、12時間後の22日0時の温度分布だが大差はない。昨年と同様日本の南方海上を15度Cの等温線が横切るが、15度の暖気団が本州の中央部に現れている。
20170522上空の気温分布

こちらは21日の最高気温ランキング。1位が35.3度で10位が33.4度と同情を禁じ得ないものの、過去最高を記録したのは2地点のみ。即ち、他の8地点は5月に最高気温がもっと高かったことがあることになる。平年より6度以上高いという状況を異常と呼んでも差し支えない気はするが、大騒ぎするほど異常でもない、というのが正しい態度のようだ。反省。
20170521最高気温ランキング

暑い日曜日

今日で木曜からの俳句の日々もおしまい。

お昼は京王プラザホテルの45階で、出張で来日した次女のお婿さんと会食。12時の予約だったので15分ほど早めに行ったのだが、店内は暗く背の高いドアがぴったりと閉まっていた。開店が12時だそうだ。12時の予約を受け付けるなら12時前に店を開けるのが常識だろ、おい、と、ドアを開けたフロアマネージャーとおぼしき全く隙のない恰好をしたおじさんに反省を求めたが、笑って相手にされずテーブルに案内された。

そんなわけで、1時の東京例会には遅刻。予想されていたのであらかじめ告げてあった。ランチのためジャケットを着用していたので、会場に行くまでに汗だく。しかも今回も主宰の選はもらえずスカと気分的にも暑い。

終了後の二次会があったのだが、明日までにHPのアップ作業があるので、夕刻の暑い空気の中、そそくさと帰宅。7時のニュースでは北朝鮮の弾道ミサイルと猛暑の話題。何かととっても暑い一日だった。

今日の最高気温の平年差の全国分布。赤は6度以上で日本は真っ赤。これは結構お宝観測データになるかも。
20170521最高気温

テロ等準備罪に反対する人達

山荘にいる間は毎日曇だったのに東京に帰ったら良い天気の連続。そんな今日、句会を終えて新宿にもどったら、西口で「共謀罪反対の声をあげよう」と若いおじさんがマイクでアジっていた。いい機会なのでパンフレットを受け取ると「戦争をしないさせない市民の会」等の名前が並んでいた。

主旨は;
「「共謀罪」はテロ対策に必要?」
「一般人も捜査対象となる監視社会」
「拍手で共謀罪成立?沖縄で先取り捜査」
「平成の「治安維持法」に反対しよう」
というもの。

テロ行為が世界的に増加しているのは事実。外務省が2016年にまとめたと思われる資料がある。日本では幸い大きなテロ事件は稀有だが、政府は国民のためにも起こる前に備えて置くべきだろう。
テロ外務省

また国際的に見て、「国際組織犯罪防止条約」を締結していない国はごく一部の非先進国。まともな国ならたとえ後進国でも自国の安全を図ろうとする政策に反対することはないだろう。
テロ外務省2

このような世界情勢において、今回のテロ等準備罪を創設する組織犯罪処罰法の改正案が賛成多数で可決されるのは健全にして当然に思える。原案では277の罪状がテロ等準備罪の対象になるらしい。きちんと詳細を見ていないが、大まかに分類すると下図のように分類されているらしい。民主党と共産党が反対しているが、どこが問題なのか全く理解できないでいたのだが、今日のパンフレットを読んで多少理解できた。
テロ

反対するという行為は、大義名分は放っておくとして、自己に不利益があるからである。

まず民主党、これは単なる不定見に過ぎず、無視して良い。御見解を伺おうと同党のHPを見たのだが、<政策>の下に記されていたページは、「2017年02月21日 「共謀罪」創設法案に対する現時点における見解 」というものなので唖然。国会で30時間の質疑応答をしておきながら政策に変更なしって、3か月間全く議論をしなかったのと同じ。これでは審議時間が足りないという主張は単に自分たちの主張が100%入れられなければイヤ、という頭の弱い子にしか見えない。なお、蛇足ながら我が選挙区の長妻さんは民主党でその支持者である。

問題は共産党を始め、「戦争をしないさせない市民の会」等である。明らかに上図のどこかに抵触する節に思い当たるからだろう。即ち自己の利益に反するから必死。愚かな、とは言わないが一般人を巻き込むため懸命の印象操作を繰り広げている。それがこのパンフレットに凝縮している。「一般人も捜査対象となる監視社会」 というが、警察も暇ではないし、一般人が監視されるわけがない。交番という世界に誇る治安や国民の安全を世話する仕組みに多くの人員を配している状況を鑑みれば、小学生高学年でも想定できる。暗黙の裡に自分たちは一般市民の代表のような顔をしているが、むしろ治安の維持された健全な社会の敵みたいなもので、「市民の会」を名乗るなどおこがましいにも程がある。

4番目の「平成の「治安維持法」に反対しよう」という主張も、極めて悪質な印象操作。むしろ同法が可決され、上図に抵触する組織や団体が検挙されれば、日本は建設的な意見の論争となる、健全な国になるように思うがどうなのだろう。




寝坊

今朝も7時起床、の予定だった。13:30から城西支部の句会があるので8:30頃には出発するつもりだったから。当然目覚ましもセットしていたのだが、目覚めて時計を見ると8時近くになっていた。どうも目覚ましが鳴っているのに気づかないで寝ているうちに、制限時間が来て止まってしまったらしい。さすがに飛び起き、湯にもつからず簡単に朝食を済ませ、撤収作業。昨夜にできるだけ済ませておいて良かった。それでも何かと時間がかかり、出発は9時。

関越が平日の午前中なので想定通り通行量も少なく、無理に飛ばさなくても12時前に無事帰宅することができた。別に何も差しさわりはなかったものの、やはり用事がある時は事前に帰っておいた方が賢明かなとちと反省。

確かに連日のゴルフプラス庭師作業で、昨夜はかなり疲れている実感はあった。頭だけでなく体もボケ始めているのかもしれない。

ススキの植え替え

今回は曇りの日が三日続いた。日にちの枠取りをして来るので、天候の良し悪しにかかわらずに来ているが、雨や雪の日も当然あるが太陽を見なかったことはないような気する。多分気のせいだろう。それはともかくせっかくの新緑の季節なのに、太陽の光がないと新緑の美しさは激減する。


そんな曇り空の下、今朝はフォレストコースを回った。少し出遅れたこともあって、アウトもインも3組ずつもう出ているという。今日はスカイコースが貸し切りのためプレー不可だそうだ。コースを貸し切りで使う人ってすごいなと思ったら、水上高原200ホテルの関係業者のコンペだという。なるほど。

午後からはもう一つ植え替え作業でススキ。自然に生えてきたススキを放置していたらすっかり大きくなって、部分的には素晴らしいのだが、いささか庭に不釣り合いの感もあり、やはり今年植え替えることに決めていた。こちらは草なのでまだ芽を出し始めたばかり、とはいえ大株なのでやはりなかなか掘り出せない。そこでチェーンソーを持ち出し、株を土ごと半分に切ることにより、ようやく掘り出して移植することができた。チェーンソーをこんな風に使う人はまずいないだろう。

去年の10月のススキ。高さは2.5メートルぐらいになる。
20161011-1.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック